© Kyo Shimizu / 2016 All right reserved

清水 匡 (しみずきょう)

1970年東京生まれ。

NGO職員として20年近く世界の子どもたちを支援。そして活動の枠を超え、さらに多くの人々に伝え、46歳で人道写真家としてデビュー。

神田外語大学外国語学部卒業後、自然科学映画社に入社し野鳥や昆虫などの生態を16㎜やβcamで撮影。退社後イギリスで障害者介護の仕事に就く。帰国後は国境なき医師団日本職員となりアジアやアフリカでMSF活動現場を撮影。

2003年、国境なき子どもたち(KnK)に移り、海外の子どもたちの支援に携わり、現状を伝えるために取材を行っている。子どもたちに映像制作を教えるビデオワークショップも行っている。

受賞

Px3 "State of the World" Curatorial Selection 2019年

​第24回土門拳文化賞奨励賞 2017年

第4回日経ナショナルジオグラフィック写真賞「優秀賞」2015

ディスコグラフィー

★TV番組

NHK「生き物地球紀行ー富士山ー」

NHK「NHKスペシャルーカワガラスー」

TBS「動物奇想天外」

★映像作品

MSF関連

シエラレオネ(山本敏晴医師)

アルメニア(精神病院とリプロダクトヘルス)

カンボジア(子どもレポーター)

KnK関連

友情のレポーター作品

カンボジア(03、07、10、13、18)、フィリピン(12、15、17)、東ティモール(08)、ヨルダン(11、14)

フランス、岩手(11)

ビデオワークショップ作品

カンボジア(04、05)、インドネシア(05)、インド(05)、ヨルダン(08、09、11)、パレスチナ(14)

​著書:

「わたしは13歳、シリア難民。ー故郷が戦場になった子どもたちー」(合同ふっぱん/国境なき子どもたち著)2018年

「ぼくは12歳、路上で暮らし始めたわけ」(合同出版/国境なき子どもたち著)

​Kyo Shimizu

He has bee helping children in the world for 20 years. Then  he expanded his work as a humanitarian photographer in 2016.

Born in Tokyo in 1970. Worked at Nature Cine Pro. He was in the last generation operating Super 16mm for High Vision TV. Then Joined MSF Japan of audiovidual section filming its activities in Asia and Africa.

Since 2003, he has worked for an NGO, KnK Japan (Children without Borders) and supported children in the world.

Award

Px3 "State of the World" Curatorial Selection (2019)

Px3 professional, Honorable Mention (2018)

Ken Domon Cultural Award  2nd place (2017) 

Excellent prize winner of the 4th Nikkei National Geographic Photo Award (2015)

IPA Professional, Honorable Mention (2015, 2016, 2017, 2018)

Discography:

-NHK ("Mt Fuji", "Brown Dipper"),TBS, Toei(education films) 1994-98

-MSF activity works (Sie Lareone, Armenia, Cambodia) 1999-2002

-KnK activity work (Cambodia, Philippines, Timor Leste, Jordan, Palestine, and so on) 2003-2016

Photo book :

Class Rooms (self published) 2018

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon