© Kyo Shimizu / 2016 All right reserved

 
Street children in the Philippines.
ー東日本大震災から7年ー
 被災地に足を運ぶたびに「ありがとうございます」と声をかけられた。そして海外に行く度に「大丈夫?」と声をかけられた。「地球」という尺度で見ると、あの震災は日本が受けた大きな傷。日本の体の一部が傷つき、薬を塗りに行くのは何も特別なことではない。
 あれから7年。傷は少しずつふさがってきているけど、この先、癒えることはあっても、日本という歴史の中に傷跡として残るだろう。忘れてならないのは、傷そのものではなく、そこに住む人々の生きる姿ではないだろうか。
-7 years has passed since East Japan great Earthquake and Tsunami-
  Every time I visited devastated area, people said to me "Thank you very much" and when I visited overseas, they said "I am so sorry, are you OK". In the point view of the Earth, the disaster was a big scar of Japan. Japan had injured in the part of its body. It was natural that we put ointment on it.
  The wound has been heeled for 7 years. However the scar will not disappear and be recorded in the history of Japan.  Let's keep in our mind how they live rather than its scar.

知ることは素晴らしい、

しかし、一度知ってしまったら、​もう、見て見ぬふりはできない。

​伝えることが使命になる。

It is wonderful to know something new.

But once you knew it, you can't stop going ahead.

​It will be a mission to tell the fact.

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon